あきちんのファインダー競馬

交流重賞

2016年07月14日

雨予報も外れたJDD

今年は久しぶりにセレクトセールに行こうかと手配を済ませていたけど、上場馬リストを確認して無理に行く必要もないかとキャンセルした(週末にはまた北海道だし)。で、終わってみれば過去最高の盛り上がりだから自分の見る目のなさには驚くばかりです(笑)。

そんなワケで日程面ではだいぶ楽ななか、昨夜は大井競馬場で行われた3歳G1ジャパンダートダービー(1着賞金4500万円)へ。
今年から中央枠が1頭増えて7頭になり(今回出走は6頭)レースレベルは上がったが、ダービーウィークとして盛り上げている全国各地のダービー馬の参戦は地元東京ダービーのバルダッサーレと東海ダービー馬カツゲキキトキトの2頭だけ。全国からダービー馬が揃ってのガチンコには遠く及ばず、ますます中央と地方のレベル差が広がるばかりか。切ない現実っす。


さて、この日は先行有利ながら内ラチ沿いはダメというバイアスで、それを最高に活かしたのが勝ったキョウエイギアだった。あのコース取りこそがビクトリーロード、直線でも内へは行かず右鞭だからさすが戸崎騎手ってところか。中央に移籍しても未だに大井は庭ってことでしょう。逆にバイアスを思えば内ラチ沿いを逃げた2着ケイティブレイブは頑張っていたと思う。


それからこの日は菜七子ちゃんが大井初参戦と注目を集めていたけれど、名古屋から木之前葵ちゃんも初参戦だった。初騎乗となった6Rのパドックでは「あおいちゃーん!」と馬券オヤジたちからしゃがれた声援が飛び、その人気は菜七子ちゃんに負けていない。
ジャパンダートダービーでは惜しくも6着と掲示板には乗れなかったが交流G1の舞台はいい経験になったと思う。

で、馬券の話。
ユニコーンSが古1000万ちょい上レベル、鳳雛Sが古1000万レベルとこの2レースが最上位でほぼ差がない。だったら鞍上込みで4番人気と妙味ある鳳雛S勝ちキョウエイギアを1着固定にしたのだけれど・・・ケイティブレイブは3着にしか塗っていなかった(苦笑)。


akitin1 at 21:55|この記事のURLTrackBack(0)

2016年07月07日

光る雲を突き抜けスパーキング

昨日は園田競馬場にななちゃんが参戦して普段の約2倍になる5058人が訪れて大盛況だったとか。そして落馬、騎乗変更で大半のお客さんが帰ってしまったとか?相変わらず凄まじいっすね(苦笑)。
ちと心配なのは、ななちゃんは落馬が多いコト。これまでも自分が見ただけで中山、船橋、高知で落ちている。現地にはいなかったけれど東京でも落ちましたね。落ちても負けずに這い上がればいい、でも怪我だけはせずに頑張って欲しい。

で、自分はといえば昨日は川崎競馬場で交流重賞スパーキングレディーカップ(1着賞金2500万円)の撮影。ちなみにナイターだから園田→川崎も間に合うっちゃ間に合います。
ともかく少頭数10頭立て、うち中央馬3頭と小粒な組み合わせで、例によってオッズは中央3頭立てみたいな構図だから馬券としてはあまり手を出したくないレースではあった。だからと言って買わないという選択肢はないけど(笑)。




(写真 ホワイトフーガ:スパーキングレディーカップ)
この日は一日を通して逃げ馬の粘りが目立っていたので、今回はハナを切るだろうブルーチッパーを2着付けにした三連単4点買いで27.3倍が的中。手堅い馬券もソツなく当てる自分スゲー!
もちろん58キロを背負って楽勝するホワイトフーガもさすがっすね。今年のJBCレディスクラシックは今回と同じ川崎マイルだし、連覇に向けて抜かりなし。


akitin1 at 22:22|この記事のURLTrackBack(0)

2016年06月30日

帝王には疲れている暇もない

宝塚記念からの優駿スプリント、帝王賞の大井二連発と疲れている暇もないという矛盾さえ抱えて業務をしていたらなかなか更新できず申し訳ありません。ちょっとしたことはTwitterで呟いているので、もし興味がある方はそちらもご覧ください。

つーわけで時系列は前後しますが今回は昨夜の帝王賞から。
今年から中央の枠が7頭に増えて一気にゴージャス感がアップし、より最強馬決定戦に近づいた。裏を返せば地方勢は更に厳しい戦いを強いられることになる。これで地方と中央のレベル差がなくなり、ガチで地方対中央の構図が成り立てば今以上に面白くなるのだけれど。まぁそれはグレードワンに限ったことじゃないすけどね。


帝王賞といえばパドックは混雑すぎて撮影できない事が多いのだけれど、今年は10R直後にダメもとで行ってみると意外とスペースがあり前に入っていけた。そんなだから体感的には2万人を割り込んだかなぁと思ったけれど実際の入場者数は22636人と余裕で2万人超え。そういえば1Rのすぐ後にはジョッキーカードの配布も早々と終了していた。




今回はゴール前撮影ではちょっとした揉め事があった。原因は、恐らく競馬を知らない某新聞社の芸能班カメラマン(プレゼンターの斉藤工くんの撮影で大勢押し寄せる)が二人紛れ込んでいたこと。郷に入っては郷に従え、競馬の撮影をするなら現場のルールは守りましょう。ダメだっつってんのに完全シカト決め込みやがったぜ。まぁ中も中で色々あるんすよ(笑)。
話を戻して、この日のバイアス的は内数頭分を避けた外目が伸びる不良馬場。好位の外、更にはその直後がビクトリーポジションといった印象。特に逃げ馬には厳しい状況だった気がする。その辺を踏まえても逃げたら危ないとみていたコパノリッキーは外目の三番手とほぼ理想的な位置取り。それでも直線入り口では手応えとコース取りからノンコノユメが差し届くわーとビジョンを眺めていたら、逆にコパノリッキーが突き放すのだからスゴイっすわ。


それにしてもこれでグレードワン7勝目っすか。長期の戦線離脱があったとはいえ、3歳1月の時点で古500万クラスを余裕で超える数字を叩きだしていたように早い時期から上級のパフォーマンスを見せていた。それを思えばこの未来も十分想像できた?
10勝を上げているホッコータルマエはゴール前以外にも4角だったり、直線半ばだったりバリエーションも考えて撮影してきたけど、コパノリッキーに関しては7勝とも全てゴール前でしか撮影していない。強い先行馬だからどこかで4角を狙ってみたいっすね。

akitin1 at 23:40|この記事のURLTrackBack(0)

2016年06月16日

油断しながら、当たらんさ

話題をさらっている舛添都知事だけど、都知事選の時に知名度優先で投票してしまった自分のような都民が大勢いたことは否定できないはず。他の候補者の事もしっかり調べて吟味しないとダメっすよね。つまりは我々の油断。


(写真 タイニーダンサー:関東オークス)
そして昨夜の関東オークスはまさに油断してしまった。先日の東京ダービーに東京プリンセス賞1〜3着馬が出走してしまい、ここに出走してきた南関東馬たちは戦力不足のため単純に中央勢4頭の順番付ゲームと決めつけてしまった。2着に7番人気の船橋ミスミランダーが挟まる絶好の馬券だったのに!知っているも油断すると知ったかぶり、しっかり精査しないと。ちなみに馬券はタイニーダンサーを1着に固定し、距離延長が嫌われたディーズプラネットを2着本線とした三連単でした・・・。
それにしても復活を果たしたこの世代の地方最強馬だったタイニーダンサー。中央移籍後は煮え切らない結果が二戦続いたけど、前走の青竜Sに関してはレースレベルがかなり高くて6着でも悪くない内容だった。それを踏まえれば(というか実績も抜けていたが)この勝利は順当勝ちでしょう。

おっと、そういえば青竜Sからは1着、4着、5着、10着馬がユニコーンSに出走っすね。2着馬アルーアキャロルの回避は残念だけど好レースが期待できるメンツなのは保障します。大丈夫、これは知ったかぶりではありません。
ところで次の都知事選は誰が出馬するのだろう?もうクイックピックでも(以下略)。

akitin1 at 23:41|この記事のURLTrackBack(0)

2016年05月05日

圧倒的GW

世間はGW真っ盛りのようですが、競馬ファンのみなさんはいかがお過ごしですか?
えっ、自分っすか?
自分は一年中GWっすから!(なぞ)


(写真 ノボバカラ:かきつばた記念)
とりあえず3日(火)は名古屋競馬場のかきつばた記念(1着賞金2100万円)へ。
10頭立てながらその正体は中央の5頭立てというメンバーで、とりあえず話題はG1馬スノードラゴンが久しぶりのダート戦登場(59キロだけど)ということくらいか。
それにしてもスゴイ人だった。名古屋はパドック撮影用のプレスエリアがないのだけれど、一般エリアからはほとんどまともな撮影ができず。毎年来ている方もJBC以来の混雑と目を丸くしていたので、本当に大混雑だったのでしょう。同日の門別では入場者数レコードだったというし、週末の中央開催も三場とも入っていたし、今年はカレンダーがいいのだろうか?それとも競馬人気復活?!ギャラアップどんとこい!!


で、昨日今日は連チャンで船橋競馬場。強風で武蔵野線(京葉線)がグダグダだった昨日とは一変、初夏の陽気で絶好の競馬日和になった今日はG1かしわ記念(1着賞金6000万円)!
史上初めて中央馬が全てG1馬、更に南関東からはエースのハッピースプリントに南関重賞無双中のソルテも参戦と超ハイレベルのメンツになった。素晴らしい。


それにしてもソルテの2着はかっこよかったっすね。着狙いではなく、この相手に臆することなく勝ちに行く競馬をしての2着は価値がある。
実は、普段は南関東の交流重賞しか撮影にこないカメラマンにソルテについて「やり合えますよ」と伝えたところ「どうせ掲示板にものらないでしょ」と一蹴された。おまけにレース後には「中央馬が走らなさすぎ」とか言い出したので、危うく胸ぐら掴んでぶん殴るところでした(笑)。
ソルテの関係者はもちろん、南関東で仕事をしているプレスもみんな嬉しそうにしていたのが印象的だった。地方競馬のいいシーンっすね。


もちろん勝ち馬コパノリッキーも忘れちゃいけない。天敵ホッコータルマエがいないとのびのび走れる。それはタルマエにも言えることだけど(笑)。いいライバル関係だなと思う。

ちなみに馬券ですが、かきつばた記念は中央馬で唯一買わなかったノボバカラに勝たれ、かしわ記念は中央馬で唯一買わなかったコパノリッキーに勝たれました。GW中もセンスのあるところを見せつけている模様。
圧倒的敗北、ざけんな!まだGWは終わっちゃいねぇ!!

akitin1 at 23:53|この記事のURLTrackBack(0)

2016年04月07日

東京スプリントと週末の予定

昨日は交流重賞である東京スプリント(1着賞金2700万円)が行われた大井競馬場へ。
とりあえずその話をすると、グレープブランデー2着付け三連単フォーメーションで外れました(苦笑)。内枠に入った1番人気ダノンレジェンドは常にやらかす可能性(スタートセンスいまいち)を考えなければならないけど、今回はまさにやらかしたパターン。そして1着欄にレーザーバレットを塗っていたボクもやらかしたパターン。だってこの日は1Rからやたらと外差しが決まっていたんですもの!なんでもかんでも全レース観ていればいいってもんじゃネェってか・・・。


(写真 コーリンベリー:東京スプリント)
相変わらず真っ暗な状況なので、レースカットはこれまでよりもシャッタースピードを下げて撮ってみた。これでいけそうだけどビジョンの前だけは背景が眩しすぎて使い物にならなくなる。内の馬が勝つと必ずこうなるので、やはり外差しを期待せざるを得ない。
それにしても戻りはいつも以上に暗かったような?帽子の色もよくわからないくらいで、みんな「勝ち馬どれ?」と呟きながらの撮影だった。


そして桜が満開でした。特に4角は夜桜もキレイで絶好の花見ポイントだからおススメ。それから東京トゥインクルファンファーレ隊の衣装がショートパンツスタイルに変わっていた。
この日は今年も引き続きイメージキャラクターに起用されている斉藤工さんと剛力彩芽ちゃんが新イルミネーションの点灯式に来場。二人が来場する日は芸能班の方が多く訪れ控え室がいっぱいになるのもすっかり恒例になってきた。


で、自分が一番気になったのがトゥインクル30周年記念イベントの一環として開催日は毎日、日替わりでTCKオリジナルジョッキーカードが配布されていること。毎日先着1000名に配布され、重賞日は更にプレミアムカードが先着300名に配布される!
これはコレクション性が高く、収集癖のある自分にはたまらなくフルコンプしたい代物。ちなみに昨日は矢野騎手のカードが貰えました。最後の高崎魂!!


さて、話は変わって今週末の菜七子ちゃんは予定通り土曜中山、日曜福島で確定。しかも土曜9鞍、日曜7鞍とさっそくエージェントさんが仕事しまくってる(笑)。特に土曜中山は特別戦以外フル騎乗で1〜8Rの連続騎乗となる。つまりパドックには1、5、12Rの3鞍しか登場しない(はず)のでお目当てのファンは注意。
とりあえず質より量的なラインナップに思えるけど、今の彼女に必要なのは一鞍で多く騎乗して経験を積むことだろうから、このバックアップをぜひ自分の力に変えて欲しい。
チャンスがありそうなのはやはり福島っすね。6Rのモズワッショイは関西圏で上位争いをしてきた馬だし、9Rのサニーデイズは休み明けながらこのクラスはいつ勝っても不思議ない馬。この2頭はJRA初勝利へ向けて戦力十分(もちろん単勝は異常に売れてしまうだろうが)。

自分も含めて関東圏のカメラマンはみんな土曜の中山で初勝利を決めて欲しいと願っているでしょうけど、そんな時は得てして勝たないもの(笑)。
一体どうなるか?そして自分は一体どこで撮影をしているのか?!わ・か・ら・な・い!!

akitin1 at 22:34|この記事のURLTrackBack(0)

2015年12月29日

東京大賞典2015


(写真 サウンドトゥルー:東京大賞典)
コパノリッキーの逃げをすっぽんマークから強気に潰しに行くホッコータルマエ。そのバトルを虎視眈々と見つめていたサウンドトゥルーが直線半ばで襲い掛かる。まさに描いた通りのシチュエーション。ただ一つ違ったのは3着欄にワンダーアキュートを塗っていなかったこと。




(写真 ワンダーアキュート:東京大賞典)
それにしてもワンダーアキュートっすよ。9歳まで走りに走って今日がラストラン、和田騎手の鬼気迫る右ムチの嵐は惜別の愛のムチ。最後まで一歩でも前に、一つでも上に、それこそが勝負の世界ってヤツ。
レースを終えると全馬が引き上げた後に1頭でゆっくりと歩いて戻ってきた。それを待つ厩務員さんの姿を見つけると馬上の和田騎手から白い歯が零れる。二人とも満面の笑みでワンダーアキュートの首筋を撫でていた。
ぶっちゃけ、ウルっときちゃいましたよ!お疲れ様でした。そして、長い間交流重賞を盛り上げてくれて本当にありがとう!

ちなみに昼食を抜き空腹のまま過ごし、ラストオーダー17時30分目前にラーメンフェスティバルのチケット売り場へ辿り着いたが、そこには無情にも「本日終了」の文字があった17時15分が今日のボクのハイライト。
それにしたって酷いぜ。開催中ぶっちぎりで売り上げが見込める東京大賞典DAYに延長どころか15分も前に終了って。シンデレラだって魔法が23時45分に解けてしまったら夢も希望もねぇっすよ。
明日は第9回シンデレラマイル。ガラスの靴とラーメンを探す旅が今年もまた始まる。

akitin1 at 23:45|この記事のURLTrackBack(0)

2015年12月03日

チャンピオンズカップに向けてのJBC

昨日の浦和開催では4レースの頃には手がカチカチでマークカードが上手く塗れなくなっていた(だから外れたのか!)ように、競馬の撮影にはなかなかしんどいシーズンになってきた。とりあえず浦和記念はまた次の機会に回すとして、チャンピオンズカップに経由馬が複数頭出走するJBCを思い出しておこう。


(写真 コーリンベリー:JBCスプリント)
JBCスプリント(1200m 不良)は34秒7−1分10秒9の決着。これは約一ヶ月前に行われた東京盃(稍)34秒6−1分10秒9とほぼ同じ。馬場差を踏まえると少し落ちるかなぁといった印象はあるが、数字的にはグレードワンという肩書きよりも東京盃の感覚でOKという判断。
特徴としてはペースが遅かったですね。スローで流れてラスト3ハロンが12秒5−11秒4−12秒3と直線に向いて逃げ馬に1秒1の加速をされちゃ後ろの馬も大変です。このレースに関して言えば逃げ切ったコーリンベリーは展開面も楽だったという評価になる。


(写真 ホワイトフーガ:JBCレディスクラシック)
逆にレディスクラシック(1800m 不良)は59秒4−1分51秒5と超ハイペースの競馬になった。単純な比較では同日のクラシックより1000m通過で3秒3も速いし、3ハロンずつ三区間に分けても35秒8−36秒1−39秒6と減速している。ペースが速い分だけ走破時計も速いのだけれど、一ヶ月前に行われたレディスプレリュード(稍)の61秒2−1分50秒2との比較で分かるように後半の落ち込みが目立つ。それだけにレディスプレリュードをこの数字で勝っているサンビスタが勝ち馬から5馬身も千切られるのだからややこしい(苦笑)。いくらか前を追いかけた感はあるしにても、ちょっとらしくない負け方だった。


(写真 コパノリッキー:JBCクラシック)
らしくないと言えばクラシック(2000m 不良)に出走したホッコータルマエもそう。走破時計62秒7−2分4秒4はミドルペースで時計自体も取り立てて目立つものではなく、レベル的には水準以下にさえ思える。そもそも同じ舞台の昨年末の東京大賞典でホッコータルマエは61秒7−2分3秒0(重)で駆け抜け、コパノリッキーは4馬身も離された。それを思えば3着に負けたホッコータルマエはまったく走れていない。それでも三番手から勝ち馬を追いかけて最後は突き放される競馬ぶりはいかにも休み明けらしいもので、叩いた次は順調に上積みがありそう。
コパノリッキーはすんなりハナへ立ち、3角あたりから差を広げる上手い逃げで余裕がある完勝だった。休み明けの日本テレビ盃をハイペースで飛ばして良化していた印象もある。復調はしているでしょうね。
2着に差し込んだサウンドトゥルーはメンバー唯一の上り36秒台。しかし、やはり展開待ちの面は否めず、先行有利のコースでは乗り方が難しそう。

akitin1 at 23:44|この記事のURLTrackBack(0)

2015年10月08日

こっちだって三連覇を目指す白山大賞典


更新が遅れてスミマセン。例の三連覇を観るためにちょっと遠征をしてきました。そう、エーシンモアオバーの白山大賞典三連覇をな!

凱旋門賞のトレヴじゃねーのかって?
えぇ、違いますよ。


北陸新幹線が開業されて今回から飛行機ではなく新幹線で行けるようになったのは非常にありがたい。これまでの小松空港経由は何かと面倒でしたからね。
そんなワケで乗り込んだ金沢競馬場は絶好の競馬日和となったワケですが、結果から言うと三連覇は難しいなぁとテレビ観戦だった凱旋門賞と同じ感想になった。手応えよく直線に向いた時には「いった!」と思ったけれど、ラストにグンとひと伸びを見せたマイネルバイカがエーシンモアオバーを交わして重賞初制覇。






(写真 マイネルバイカ:白山大賞典)

細かい数字は不明だけど、走破時計や上がりは例年に比べて遅い印象。とはいえここ二戦は1700mと距離不足が敗因だった(前走は出遅れも)マイネルバイカはやはり2000m以上のステイヤー資質が高い。2着馬とは斤量4キロ差と恵まれた面があるにせよ、長距離路線では今後も注目したい馬です。勝った柴田大知騎手もレース後はかなり嬉しそうな笑顔だった。

逆にエーシンモアオバーはそう悪くはない走り。一周目スタンド前でソロルが並んできたという誤算もあったと思う。コーナーをグルグル回るレースは得意だし、連覇を狙う暮れの名古屋グランプリも引き続き期待できそう。そういえば岩田騎手は「ごめん」と苦笑いしながら戻ってきた。

今週末も三日間開催で週明けはすぐに大井開催があるため、まだ忙しいペースが続きそう。交流重賞を含む南関東重賞の事も書けないまま随分と溜まっているし、なんとか追いつけるよう頑張ります。

akitin1 at 23:35|この記事のURLTrackBack(0)