あきちんのファインダー競馬

2017年09月08日

夏に別れを告げた僕らを待つのは28℃予報の中山


(タツゴウゲキ 新潟記念)
プレスレベルでは誰もやっていないからとの理由で始めたサマー2000シリーズ縛りも今年で三年目。ここ二年は最終戦の新潟記念で勝ち馬をしっかりと撮影できず、今年こそはすっきり撮影してこの縛りを卒業しようと臨みました。そう、今年の新潟記念はボクの卒業公演。
とか言っていたら、今年は小倉記念がすでに怪しいんすよねー(苦笑)。勝ち馬が内でほぼ写っていないという。でもとりあえずもういいかなと思ってみたりもします。来年は違う夏にしたい・・・?(笑)


(カーボナード 2歳未勝利)
先週の2歳戦ではまず日曜新潟の未勝利戦を勝ったカーボナードが3歳未勝利レベル。3ハロン瞬発力戦でもあり今後もにも期待。上り最速2着ランウェイデビュー、盛り返して3着ダンシングチコもすぐに順番はくる。


(セイウンスパイ 2歳新馬)


(ハウナニ 2歳新馬)
それからハウナニのデビューで注目を集めた日曜の新馬戦。スローの前残りで走破時計はイマイチ、それでいて上り3ハロンも特別速いわけではなくレース直後は低レベルだと判断しましたが、レースラップを見て考えを改めました。1秒6加速してラスト2ハロン11秒8−12秒1なら上位2頭の脚力は上々。3着ハウナニもキレ負けする血筋だしこれは仕方なし、次も楽しみになった。

小倉では土曜未勝利のジャルドネゴールドが3歳未勝利(牝)レベル。逆に小倉2歳Sは3歳未勝利戦に劣り、上位馬たちは軒並み数字を落としていますね。それこそ同日の2歳未勝利(勝ち馬アンヴァル)の方が上。
札幌からは土曜の未勝利をぶっちぎったハヤブサレジェンドが古500万級をマーク。昨年の札幌未勝利楽勝⇒プラタナス賞人気で惨敗の同オーナーのハヤブサナンデダロが一瞬頭をよぎりますが(笑)、こっちの方が数字は上だし二の舞はないと思う。
それから札幌2歳Sは古500万に届かず、すずらん賞はハイペースで3歳未勝利級だった。

さて、先週末で個人的な2歳新馬戦の戦いも終了。これからは2歳未勝利戦を中心に狙っていきます。
今年は順番違いでの取り逃しが多かったですね。特にゴール前でちょろっと変わってしまった新潟の66万馬券を逃したのがデカイ。引きの弱さにがっかりっすよ(苦笑)。
さっそく明日の土曜中山1Rは人気のクワトロダッシュを信頼。勝ち馬に千切られたとはいえ3歳未勝利弱レベルの数字で走られてしまったし、自身も3着には7馬身差をつけていた。明日は外枠から前付けして安心して見ていられそう。問題は11頭いる初ダート組ですよね。まぁこの手の番組ではいつものことなので薄目の馬を上手に拾いたいです。
続く2Rは前走水準レベルのアイスフィヨルド。前走が同じレースで2人気ながら直線で前をカットされ8着に敗れたマリノディアナの巻き返しも。
アスター賞は手元の紙面では三強と書かれていますが、だったらマイティーワークス(たぶん4人気)を狙いたい。ちなみにこの馬は前述2頭の新馬戦の勝ち馬だから理にかなってるはず(笑)。

akitin1 at 23:03