あきちんのファインダー競馬

2017年09月01日

あー夏休み・・・なんてなかった

普段は競馬場を問わずゴール前の勝ち馬撮影は400ミリを使用するが、外差しが決まる開催後半の新潟外回りは300ミリで撮影することが多い。そんなワケで先週の新潟2歳Sも300ミリで待ち構えたら大失敗でしたね。自分の求めるものには程遠い迫力不足、400ミリでちょうどよかった予感(笑)。
そもそもあんなにどスロー前残りになるとは予想できなかった。ちなみに馬券の方もコーディエライトの1着固定三連単で爆死です。


(スターフィールド 2歳未勝利)


(エントシャイデン 2歳新馬)
先週の2歳戦はまず新潟から。
土曜のスターフィールドが勝った未勝利戦は水準級で勝ち馬の強さが目立った。日曜ダートの未勝利をぶっちぎったタマモアモーレは3歳未勝利弱レベル、未勝利千直のピカピカも上々の数字。ピカピカは鞍上の西田騎手が口取りでゼッケンを掲げて笑いを誘っていましたね(笑)。プレスではなくお客さんの方にやっていたのでファンの方がいい写真を持っているはず。
ちょっと楽しみにしていた土曜の新馬は数字が平凡だった。その中から3着シグナライズは直線で内へ寄れてまともに追えませんでしたね。




(フロンティア 新潟2歳S)
新潟2歳Sも超スローの3ハロン瞬発戦で全体時計は平凡。逆に脚力だけなら古1000万弱レベルといった感じ。4着以下を離したように上位3頭の脚力が抜けていた。勝ち馬フロンティアは新馬戦に続き瞬発力戦二連勝。ただ、個人的には当時2着のアドマイヤアルバの方が上だと評価しているので・・・まだ未勝利ですが(笑)。
今回もっとも評価するなら3着だったテンクウかな、と。

小倉は土曜の未勝利戦(牝)を勝ち上がったペイシャルアスが3歳未勝利上級レベル。前走は1位入線ながら無念の降着で自分自身まったく見極めができずに勝ち馬が撮影できなかったレースなのでこの馬の事は気になっていた。今回は無事に力を発揮できたようで何より。そして連闘で小倉2歳Sに出走ですか。
あとはフランシスコダイゴが勝った日曜の未勝利戦も3歳未勝利弱レベルだった。小倉は開催が進むにつれて時計自体は高速化していますね。
札幌は特に目立ったレースはありませんでした。

さて、自分の新馬戦予想も遂に最終週。今週は2歳重賞も二鞍あるので楽しみです。
明日土曜の該当新馬戦は新潟5Rのみ。手元のスポーツ紙では関西馬ダノンスマッシュにぶ厚い印が並んでいますが、本命はその隣のハットワンスターでいきます。
札幌2歳Sはロックディスタウンの脚力は認めつつファストアプローチを狙ってみたい。相手はまだ思案中ですがミスマンマミーアは買いたいですね。


akitin1 at 22:46