あきちんのファインダー競馬

2017年08月25日

体温より熱いこの想いを


(サクラアンプルール 札幌記念)
土曜新潟新馬の66万馬券取り損ねの他にも札幌記念をブービー人気ナリタハリケーン流しでサクラアンプルールが抜けるという府中市民(さくらコマース!)らしからぬ外し方をしたり、道営馬ダブルシャープが勝ったクローバー賞で狙っていたのは同じ道営馬でもクビ差4着ガッツ・・・もといイシマツだったりと苦しんだ先週末。当たったのは水曜川崎のスパーキングサマーカップの三連単110倍だけっすよ(苦笑)。
予想は上手だよね、なんて友人の言葉が胸に突き刺さる暑い夏はまだまだここから。今年は残暑が熱い!(たぶん)

そんなわけで先週の2歳戦ですが、新潟からは上げれば日曜の新馬戦ですかね。スローの3ハロン瞬発力戦という定番のレースで、ラスト2ハロン10秒5−11秒0を記録。勝ち馬ラッキーライラックの脚力はもちろん、追い出しが遅れながらもメンバー唯一の上り32秒台で追い上げたラヴァクールの次走は注目。
小倉は土曜の新馬戦が古500万(牝)レベルと重賞級の数字をマーク。しかも千二らしい減速ラップではなく、直線でしっかり加速しているからスゴイ。勝ち馬モズスーパーフレアは小倉2歳S出走なら本命、3着以下を置き去りにして勝ち馬に食らいついた2着ジャスパープリンスの次走も鉄板級。それにしても小倉千二にまだこんな馬がいたとは・・・(苦笑)。








(ルーカス 2歳新馬)
そして最大の注目は日曜札幌千八、評判馬が集まった伝説?の新馬戦でしょう。スローペースの3ハロン瞬発戦でパッと見のラップは府中のそれ。それでいて走破時計も古500万(牝)級の数字を叩きだす期待通り、いや期待以上のレースだった。まくって動いた3角では歓声も上がったように見た目のインパクトも十分だった勝ち馬ルーカスは重賞級、勝ち馬と共に上がり34秒台でまとめた2着リシュブールは相手が悪すぎたとしか言えない。とにかく素晴らしいレース。撮影に札幌を選んでよかった。


(ダブルシャープ クローバー賞)
道営馬ダブルシャープが勝ったクローバー賞も盛り上がったが、数字面で言えば同条件だった土曜の新馬戦の方が上。直線早め先頭からの2着ミカリーニョは3着以下にも差をつけており次は順当にチャンス。




(リンシャンカイホウ 2歳未勝利)


(松田大作騎手)
それからリンシャンカイホウが勝った土曜千二の未勝利戦。翌日の3歳未勝利と−0秒3⇒−0秒1差、同日の古500万下には0秒⇒−0秒2差。ラップはラスト1ハロンの落ち込みが大きいが勝ち馬が千切った影響もあるはず。単純な数字は悪くても3歳未勝利級、そよくみれば古500万級の評価をすることもできる。ちょっと気にしておきたい。
なおこの馬で松田大作騎手が騎乗停止明け初勝利だった。様々な意見はあるでしょうが、自分の見たありのままを伝えるとレース後には何度も馬の首筋に抱きつきながら涙を流していたようにも見え、口取り後は集まっていたファンに「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げた。

さて、自分の新馬戦予想も残すところあと二週になりました。今年はちょっとした順番違いで取り逃しが多いけれど、自分の買い方は基本的に一発回収型なので最後の一鞍までいつも通り買い込んでいきます。
明日土曜の小倉5Rはキングリーフィストから。さすがにもうモズを超えるスーパーフレアな馬は出てこないですよね?(笑)
新潟5Rはフルゲートで上位評価が複数いる乱戦。候補はアウデンティア、ケンデスティニー、ラヴシーフの3頭。特にもっとも人気がなさそうなラヴシーフが気分。だって恋泥棒なんて素敵じゃないですか(笑)。


akitin1 at 22:24