あきちんのファインダー競馬

2017年08月11日

ぶっちゃけ、眠い

指定席の満席っぷりから薄々感じてはいたけれど、最終の新幹線って結構賑わってるんすね。新潟駅に着くの24時ですよ。在来線全て終わってますよ。お盆休みこえぇ・・・。
そんなわけで大井のナイターから終電の新幹線に乗ってこの原稿を書いています。

取り急ぎ先週の2歳戦まとめを。
新潟はアレですね、とにかくべらぼうに上りが速いですね。土曜の新馬戦なんて32秒0って千直ですよ。ラスト2ハロン10秒1−11秒1の超速っすよ。勝ち馬ウラヌスチャームの脚力は凄まじいですね。同じく32秒台の上りを使っている2着カーボナードもスゴイ。
ただ超速上がりというなら日曜のロックディスタウンの新馬戦。ラスト2ハロン10秒5−11秒1とラスト1ハロンの落ち込みが少ない分こちらを上位評価したい。
特別戦ではダリア賞の数字は並。そのダリア賞よりレベルは劣るが、上り2ハロン勝負の日曜新馬戦を最速の脚で追い上げた2着アーモンドアイをチェック。


(バーニングペスカ 2歳新馬)
小倉は軒並み平凡。唯一土曜の新馬(勝ち馬バーニングペスカ)が3歳未勝利弱レベルを確保。ここまでの夏の小倉では最上位のレースだった。このレースでただ1頭34秒台の上りを使った2着ラブカンプーは次走チャンス大。
札幌では1500mの未勝利戦を29秒台で走破したファストアプローチが上々のレベル。ちなみに馬連16.2倍を一点買いだったぜ!(笑)

さて、明日土曜は東西とも2Rから勝負。まず小倉2Rはクアトレフォイルの脚力を信頼、新潟2Rはスピードあるセイウンリリシイを。
そして明日一番の注目?になりそうな新潟5Rの新馬戦。ノーザンF産5頭&社台F産1頭に対するのはウオッカ産駒タニノフランケル。どんな予想になるのか自分でも楽しみでしたが、タニノフランケルが本命になりました(笑)。どんな馬なのか、どんな走りをするのか本当に楽しみ。
明日は2歳の特別戦も二鞍行われます。札幌のコスモス賞はステルヴィオに負けて欲しくない。確かルメール騎手に合わせたローテなんですよね。
小倉のフェニックス賞はそれほど人気にならなさそうなジュンドリームから狙ってみます。


akitin1 at 23:45