あきちんのファインダー競馬

2017年08月04日

君とならこの嵐も乗り越えられるはずさってLUNA SEAも言ってた

日曜の小倉は台風の影響どうなんですかね。曇りのち雨とするところもあれば、日中は晴れ予報のところもある。何事もなく開催を終えられるといいのだかれど・・・。


(シャインカメリア 2歳未勝利)
先週の2歳戦はまず自分のいた新潟から。最上位の評価は3歳未勝利弱レベルの数字をマークした土曜の未勝利ダート1200m戦。特に勝ち馬シャインカメリアはラスト3ハロン加速ラップを唯一の上り37秒台で楽勝しておりダート適性の高さを証明。明日のダリア賞に連闘で出走ですが(笑)。とはいえ芝の走りも新馬戦の内容から悪くはない。


(オーデットエール 2歳新馬)
芝のレースは新潟らしくスローの瞬発力戦が連発し見極めがポイント。上げるとすればオーデットエールの勝った新馬戦ですかね。後半は速めでラスト2ハロンも10秒9−11秒8とマズマズ。あ、新潟芝外周りは特に公式ラップがおかしいと言われているコースですが、公式ラップが正しいという前提で今後も話を進めます。

芝1200m戦ばかりが5鞍行われた小倉は日曜の未勝利戦がこの週ではナンバーワン。3歳未勝利戦には劣るがミドルペースの瞬発力戦で、3着馬を離しての2着アサクサゲンキは次走チャンス。
そしてこの週の話題は札幌で間違いなし。数字で言えば日曜ダートの新馬を勝ち上がったハヤブサマカオー。大差ぶっちぎりの見た目通り3歳未勝利級の数字で駆けており昇級しても問題なし。土曜の新馬はスローのラスト2ハロン戦だが、その流れを唯一の上り34秒台で追い上げた2着キルロードはいい脚力がありそう。
しかし他のレースが全て霞むほどの走りを見せたのが・・・そう、日曜のレイエンダでしょう。スローのため走破時計はイマイチでもラスト4ハロンが加速ラップ、それもラスト2ハロンは11秒6−11秒4の速さ。これを楽に差し切る勝ち馬の脚力は注目度大。それに新馬戦で場内から大きな拍手が沸くなんてそうそうありませんよ。数字的には同じ厩舎の先輩で新馬⇒札幌2歳Sとぶっこ抜いたコディーノっぽいですね。あの破格のラップ(新馬は後半5ハロン加速でラスト2ハロン11秒3−11秒1)でG1未勝利というのが今でも信じられませんが(苦笑)。

さて、明日土曜の新馬戦は東西一鞍ずつ。新潟の方は関西から勝ちに来たノーブルカリナンが抜けていると予想します。
小倉の1200mは意外?と水準級の一戦。昨年は「どうせ小倉の千二だろー」と完全に油断していたらクラシックホースのレーヌミノル(小倉記念当日の新馬戦)が出現した。実はこれがすごい勇気になったんですよ。この舞台からでも夢を見られると。そんなわけで今週は特にしっかり焼き付けていきたいですね。本命視はトウカイオルデン。


akitin1 at 21:22