あきちんのファインダー競馬

2017年07月14日

オレが東京NO.1のハタラキアリ

やはり更新が週末まで空いてしまいました(笑)。
実は先週の日曜福島開催後、仙台空港から千歳に入り、月火とセレクトセールの撮影でした。その後は水曜午前の便で羽田へ戻りそのまま大井JDDへ。3000円のタクシーでヒーヒー言いながら5億8000万円の馬を撮ったり、東京ダービー馬ヒガシウィルウィンが中央勢をやっつけたり、ハードスケジュールながらも刺激的な展開の連発で今日まできました。が、まだ自分は旅の途中。詳しくはまた後日に改めてということでよろしくお願いします。


(ビリーバー 2歳未勝利)


(ナムラストロベリー 2歳新馬)
さっさと先週の2歳戦をまとめておきましょう。
福島で行われた5鞍の中では日曜未勝利芝1200mが3歳未勝利弱レベル。勝ち馬ビリーバーは2着馬に交わされそうになったところから再加速。逆に2着リープフラウミルヒは千二適性の差で負けた感じ。
ちなみに同じ芝1200mの新馬戦(勝ち馬ナムラストロベリー)は時計の表示がぶっ壊れてるのかと思った1分12秒8の決着。すさまじい遅さっすね・・・。


(グランデウィーク 2歳新馬)
新馬芝1800mは平凡な数字が並ぶが、勝ち馬グランデウィークは4角で大きな不利を受けていたので数字以上の評価はできる。次は札幌2歳Sと新潟2歳Sの両睨みらしいけど、その二択なら札幌2歳Sを勧めます。基本的に新潟2歳Sは千八からの距離短縮ってロクなことがないので。

中京、函館からは土曜函館1R芝千二の未勝利戦が3歳未勝利弱。上り最速で2着のコーラルリーフは次も狙えるけど、どうしてもゲートが課題なので危なっかしい。
それからちょっと比較が難しいが、中京の未勝利戦をレコード勝ちしたシュバルツボンバーのスピード能力は確か。瞬発力勝負の新馬戦で見せ場がなかったのは、それが新馬戦だからなのか、実際に瞬発力に欠けるのかは次に予定されているサウジアラビアロイヤルカップでわかるかな?

さて、明日土曜の新馬戦は中京5Rが1番人気候補スワーヴポルトスを素直に信頼。もちろん薄目を連れてきて欲しい。ネオテスタメント、ロワデベット、ディヴァインサーガ、ナムラキヌあたり。
福島の方は5Rも6Rもちょっと絞り切れない感じで・・・とりあえず5Rは内からムーンライズ、トップギア、マドモアゼル、マイネルカルム。6Rはウメタロウ、キャベンディッシュ、ニシノシコン、シャイニーカラーズ。両レースともオッズを見てから組み立てを考えます。


akitin1 at 23:25