あきちんのファインダー競馬

2017年06月30日

間が空いてしまいました

宝塚記念からの大井連発で更新できず申し訳ありません。宝塚記念と帝王賞についてはまた後日改めてということで、今回はいつも通りに先週の2歳戦を。


(マイネルキャドー 2歳未勝利)


(マイネルサイルーン 2歳新馬)
まず府中の3鞍はどれも数字的には平凡なレースだった。
土曜の2鞍は新馬>未勝利という評価で、特に位置取りを下げながら上り最速タイでグイグイと勝ち馬に迫った2着ミュージアムヒルは勝ち馬以上の内容(次は更なる人気必須だろうが)。ちなみにこのクビ差が届いていれば500倍ちょいの三連単があったのに(苦笑)。
日曜の新馬からは直線で前の馬を交わすのに二度詰まり、ゴール前も狭くなった4着ロードイグニスに注目。馬券的にも2着3着欄に塗っていたのであの詰まりっぷりには悶絶しました。スムーズなら最低でも3着はあったはずです。


(ダノンプレミアム 2歳新馬)
阪神は日曜の新馬戦がスローペースの瞬発力戦で上々のレベル。といっても、楽勝した勝ち馬ダノンプレミアムはぱっと見で多くの人が「強い」とすぐにわかったでしょうね(笑)。
そんな馬を差し置いて本命にしたアドマイヤビクターは4角で「いけるかな?」と思ったけれどそこから伸びきれず。でも叩いた次はよくなりそうな走りでした。

この週でもっとも期待していた函館のモルトアレグロはしっかりと新馬勝ちを決めてくれたけども、ぬるいペースの減速ラップで時計もイマイチという中身ががっかりレベルの凡レース(苦笑)。それでもこの舞台で控えて差し切るという味な競馬はキラリと光る。おそらく函館2歳Sでは人気薄でしょうし、むしろ狙いやすくなったかも。
逆に3歳未勝利(牝)級の数字をマークしたのが函館土曜新馬の1200m戦。勝ち馬アリアはもちろん、逃げて2着ダンツクレイオー、上り最速3着ダウンタウンキラリもチェック。

さて、明日の新馬戦からはまず中京5Rのマイル戦。ここはコリーヌヴェルトを狙います。相手には人気どころも買いますが、紙面では印の一つもないドゥリトルとララロワの2頭が爆走してくれれば一気に配当も跳ね上がる。
福島5Rは1番人気かもしれませんがメンバー唯一の社台F生産馬セイウンリリシイ。紐狙いはアルガール、キラメキサマー、キサラギコマチ、ヴーディーズピアス。
続く6Rはグリグリの印がついていますが(笑)オーヴァーライトの1着付け。これまた信頼のヘニーヒューズ産駒っすね。オルフェーヴル産駒ながらダ1150mデビューというデュークストリートも悪くないですが、キチロクキセキオー、クラフツマンシップ、シスルあたりを連れてきて欲しいです。


akitin1 at 23:25