あきちんのファインダー競馬

2017年05月11日

悔しいのなら(羽田盃)

昨夜の南関東牡馬クラシック第一弾羽田盃は人気2頭がスタートからやり合う熾烈なマッチレースになり、矢野騎手が勝って2着が森泰斗騎手と元北関東所属のワンツー。熱いレースに熱い結果ではあった。
が、昨年の東京ダービー勝ちバルダッサーレ同様にキャプテンキングが中央からの転厩初戦でクラシックを「勝ってしまった」ことにより賛否が巻き起こってしまった。






(写真 キャプテンキング:羽田盃)

例えば自分も似たような経験があるんですよ。普段は地方競馬に一切顔を見せない人が交流重賞、それこそ交流G1にだけやってきて仕事を持って行ってしまう。今回の件とはスケール感が違うけど(笑)、そんな時は自分も情けないし腹が立ちます。けれど結局は自分が強くなるしか道は開けない。まぁ自分も地方競馬に関しては皆勤じゃないし大きな口は叩けないかもですが(苦笑)。
キャプテンキング陣営はルール上なにも問題はないし、南関東陣営はこの悔しさを糧にして中央馬とやり合える馬づくりに励んで欲しい。それが競馬界の盛り上がりにも繋がるはずですし。

それにしても中央時代は後方待機しかできなかったキャプテンキングがいきなり新天地で逃げるとは予想もできなかった。ちょっと古いけどメイショウオウドウを思い出しましたよ(笑)。
そしてここだけの話、馬券はブービー人気エスプリロブ流しで終始後方大差ぶっちぎりシンガリ負けという結果に恥ずかしくて誰にも言えず。シンガリ人気馬がハナ差4着になっているから余計に誰とも馬券の話ができなかった(苦笑)。

今回は珍しく昼間の更新で、今は大井競馬場のプレスルームでこれを書いています。
昨日は先行有利のバイアスで前が止まらないレースが多かった。今日も変わらず前有利が続くのか、しっかり見極めて的中させ東京プリンセス賞の馬券自慢をさせてもらう予定です。
それにして暑い。検量前の温度計は昨日の同時刻より10℃も高いっすっよ(笑)。


akitin1 at 15:24│TrackBack(0)

トラックバックURL