あきちんのファインダー競馬

2017年03月10日

オーシャン、弥生と明日土曜

ブレスジャーニーの戦線離脱は大ショック。弥生賞回避とはいえ調教からはスプリングSへ向けて順調に見えていたのに・・・。
同じ島川オーナーの馬ではトーセンクリスが土曜小倉最終レースでやっと中央初勝利をキメてくれた。Sペースではあるがラスト3ハロン加速ラップをしっかり抜けきる鮮やかな競馬ぶり。南半球産で本領発揮はこれから、世界的良血の開花に期待。

その土曜中山は1Rから新人騎手の騎乗がありそれ目当てのカメラマンもちらほら。チューリップ賞が好メンツだったため遠征する人も多いと思ったらほとんどいなかったらしい。どのみち自分が行っていてもあの結果では現地で膝から崩れ落ちたこと間違いなし(笑)。そもそもその前の6Rでバルデスが大出遅れして失神寸前だったけれど。




(写真 メラグラーナ:オーシャンS)
オーシャンSもクリスマス1着付け三連単でOCEANがいつかのメリークリスマスに。果てない想いを君に捧げて、いつまでも手をつないでいられるような気がしていた。
高松宮記念は外国馬もいなければ日本馬もこれといった主役不在。おまけに注目はほぼ同日に日本馬が多数出走するドバイか。ならば逆に気合を入れてやってやろうかと思案中。




(写真 アナザートゥルース:3歳新馬)


(写真 サンラファエル:3歳新馬)
日曜中山3R新馬戦を勝ったサウンドトゥルーの半弟アナザートゥルースは馬っ気が強いというコメント通りパドックを周回していくうちに徐々に全開に(苦笑)。サウンドトゥルーを含む5頭の兄のうち4頭はセン馬という歴史が証明している。
これとマッチレースの末に敗れたディアデラノビア産駒サンラファエルはメンバー唯一の上り39秒台。同日同条件の未勝利戦より数字は上でサンラファエルも次はイケル。


(写真 グローブシアター:弥生賞)
弥生賞はグローブシアターで轟沈。G1馬の兄2頭が不覚を取った弥生賞だけに血統的な不安はあったが、ここまで見せ場もなく負けるとは・・・。






(写真 カデナ:弥生賞)
カデナは前走に続きどスローの瞬発戦を持ち前の脚力で一掃。この形になると強さを発揮するけど、数字の裏付けは未だにない。勝つときは鮮やかだから強く見えるタイプでもあって本番は一番人気?

弥生賞当日の入場者数は27559人で前比95.2%だけどパドック周りや外ラチ沿いはさすがに混雑していた。プレスの方は口取り撮影がウイナに入りきらない程の人数で、ある先輩カメラマンと「腐っても弥生賞だな」と苦笑い。もともと狭いパドックのプレスエリアもカメラマン以外のプレスも入り乱れて強引に突っ込まないと撮影できない始末。あそこ、スチールカメラマン優先のはずなんすけどね・・・。

さて、明日土曜はまず中山1Rのプリエンプトの石橋脩騎手に注目。通算500勝にリーチをかけながら2月は0勝と見えないプレッシャーがあった?2着が続くこの馬で遂に決めるか?個人的にはこの手のメモリアルはカメラマンの少ない重賞非開催日、更に午前中ならなおよし(スムーズに撮影できるから)。
続く中山2Rはニーマルサンデー。前走は勝ち馬が破格なだけで、この馬も普通なら勝ち上がれる数字で走っている。
3Rは超ハイペースの前走を二番手から早め先頭で踏ん張ったデルマキミノナハの流れ込みを狙う。ちなみに映画の方は観ていない。
そして初ダートでケンタッキーダービーを勝ち、ドバイWCも制したアニマルキングダムの半弟が隣り合って出走する中山9Rは米国競馬ファンもびっくりだろう。
開幕週こそ意外と差しが決まらなかった中山芝コース(Sペースも多かったが)も先週はエアレーションらしく外差しも決まり撮影難度が高かった。かといって焦点距離が短いと内ラチ沿いの勝ち馬もいるため迫力不足になってしまう。それでいて晴れているとテレコン付ではモヤっと感が強くなる(平場の時間帯は特に)。馬券同様に撮影も色々考えて楽しみながら臨む。



akitin1 at 23:58│TrackBack(0)

トラックバックURL