あきちんのファインダー競馬

2016年08月04日

レジェンドたちの夜

先週日曜に大井競馬場のトゥインクルレースが30歳の誕生日を迎え、斉藤工くんと剛力彩芽ちゃんも来場して記念イベントが盛大に行われたようっすね。入場者数は12447人と、いくらフリーパスの日曜日とはいえ重賞非開催日とは思えない数字を記録。例えば今年の羽田盃が8264人、東京ダービーは13475人だからその賑わいたるや・・・あ、ボクは新潟にいたので残念ながら間に合わずでした。
というか、本当は急遽札幌に行きたかったのだけれど、さすがに宿はないし飛行機も高いしで諦めました。えっ?何をしに札幌へかって?いや、好きなコ(プレゼンターで来場していた)に会いに・・・(笑)。

で、昨夜は大井競馬場でお馴染みのマイル重賞サンタアニタトロフィー(1着賞金1300万円)だった。
ゲリラ豪雨もなく、比較的過ごしやすい夜で絵に描いたようなナイター競馬日和。それにしても今更ながらTCK開催は綺麗なお姉さん(特にOLさん)が本当に多い。その大半が殿方連れではあるけど、この客層はJRAだってなかなか真似できないっすよ。


(写真 リアライズリンクス:サンタアニタトロフィー)
話を戻して、その夜を躍動したのは59歳11ヶ月の的場文男騎手。フォーカスしたはずのファインダーからもはみ出してしまう鬼気迫るアクションはまさに帝王、そして自身の持つ最年長重賞制覇記録をまたも更新。まだまだ現役バリバリっすね!
それに引き替え、中央からの移籍後4戦4勝で断然の1.8倍に支持されたテムジンを2着付けとしながら、リアライズリンクスは3着欄にしかマークしなかった自分は戦力外間近?いやいや、まだ現役にしがみつきたい。


それからこの日はイベントゲストとしてユタカさんと内田博幸騎手の二人が来場。トークショーが行われた賞典台周りはタレントさんが来るよりもファンたちでごった返し、その集客力はさすがの一言。
偉大なジョッキーたちに刺激をたくさんもらえた夜になった。

akitin1 at 18:44│TrackBack(0)南関東 古馬重賞 

トラックバックURL