あきちんのファインダー競馬

2016年07月14日

雨予報も外れたJDD

今年は久しぶりにセレクトセールに行こうかと手配を済ませていたけど、上場馬リストを確認して無理に行く必要もないかとキャンセルした(週末にはまた北海道だし)。で、終わってみれば過去最高の盛り上がりだから自分の見る目のなさには驚くばかりです(笑)。

そんなワケで日程面ではだいぶ楽ななか、昨夜は大井競馬場で行われた3歳G1ジャパンダートダービー(1着賞金4500万円)へ。
今年から中央枠が1頭増えて7頭になり(今回出走は6頭)レースレベルは上がったが、ダービーウィークとして盛り上げている全国各地のダービー馬の参戦は地元東京ダービーのバルダッサーレと東海ダービー馬カツゲキキトキトの2頭だけ。全国からダービー馬が揃ってのガチンコには遠く及ばず、ますます中央と地方のレベル差が広がるばかりか。切ない現実っす。


さて、この日は先行有利ながら内ラチ沿いはダメというバイアスで、それを最高に活かしたのが勝ったキョウエイギアだった。あのコース取りこそがビクトリーロード、直線でも内へは行かず右鞭だからさすが戸崎騎手ってところか。中央に移籍しても未だに大井は庭ってことでしょう。逆にバイアスを思えば内ラチ沿いを逃げた2着ケイティブレイブは頑張っていたと思う。


それからこの日は菜七子ちゃんが大井初参戦と注目を集めていたけれど、名古屋から木之前葵ちゃんも初参戦だった。初騎乗となった6Rのパドックでは「あおいちゃーん!」と馬券オヤジたちからしゃがれた声援が飛び、その人気は菜七子ちゃんに負けていない。
ジャパンダートダービーでは惜しくも6着と掲示板には乗れなかったが交流G1の舞台はいい経験になったと思う。

で、馬券の話。
ユニコーンSが古1000万ちょい上レベル、鳳雛Sが古1000万レベルとこの2レースが最上位でほぼ差がない。だったら鞍上込みで4番人気と妙味ある鳳雛S勝ちキョウエイギアを1着固定にしたのだけれど・・・ケイティブレイブは3着にしか塗っていなかった(苦笑)。


akitin1 at 21:55│TrackBack(0)交流重賞 

トラックバックURL