あきちんのファインダー競馬

2016年04月21日

北関東コンビにエールを


(写真 タービランス:羽田盃)
昨夜行われた南関東牡馬クラシック第一弾の羽田盃は1番人気タービランスが前哨戦の京浜盃に続き勝利。三強から一気に四強、五強、つまりは上位混戦に様変わりした中央とは違い、こちらはこれで主役がはっきりした印象を受ける。
このタービランスは元道営馬で2着のトロヴァオも元道営馬。更に3着ジャーニーマンも元道営馬だからやはり道営勢はレベルが高い。ちなみに道営時代に1着タービランス、2着トロヴァオというレースが二度あり、この羽田盃が三度目のワンツー決着だった。ジャーニーマンも道営時代にはタービランスの3着があるように、対戦比較からもタービランスが一歩抜け出た感じはある。
そして元高崎のジョッキーだった水野貴史調教師が管理し、主戦は元宇都宮の森泰斗騎手。この北関東コンビが東京ダービー制覇を狙う、狙えるというのは熱いものを感じる。応援したいっすね。

そんな中、ひっそりと元道営最強馬とも噂されていたライゾマティクスが復帰へ向けて虎視眈々と準備を進めている模様で、来週月曜の若葉特別(浦和)に登録がある。故障明けだがここを勝ってダービーTR、そして東京ダービー出走が理想的か。密かにタービランス最大のライバルはコイツではと考えています。ひっそりと、でもしっかりと見守りたい。

で、今これを大井競馬場のプレスルームで書いているわけですが、外はすっかり本降りの雨。今夜は南関東牝馬クラシック第二弾の東京プリンセス賞なんすよね。
オッズからはモダンウーマン断然の一強ムード。でも、この馬の強さを承知のうえで三連単は他の馬から入ろうかなーと思っとります。距離延長以上に直線加速の瞬発力戦なら逆らっても面白いかな?と。
では行ってきます。


トラックバックURL