あきちんのファインダー競馬

2016年03月15日

持っているオンナと追いかけるオトコ

例年は一足早く春を感じられるのに今年は風が冷たくいつもの暖かさはなかった。ナイター競馬になれば息はうっすら白く、顔を見合わせては「寒いね」と言葉を交わす冷たい夜。今日は高知競馬場。


ともかく菜七子フィーバーが高知に上陸。13時ちょい過ぎ(1R発走14時45分)に競馬場入りするとちょうど大勢の報道陣に取材についての説明が行われている最中だった。みなさん、ガチで早すぎる。
内心は川崎や中山のような人数は来ないっしょと楽観視していたが、いきなり出鼻を挫かれるインパクトを受けた。パドックにずらーっと並ぶムービーさんたちの三脚もまた壮観。


(写真 ダノンレジェンド:黒船賞)
当初はあまりの人数の多さに黒船賞が心配になったけれど、黒船賞を撮影していたのはいつものメンバー数名だけ。大半の報道は黒船賞ではなく菜七子ちゃんの取材できていると頭ではわかっていながら、実際に黒船賞を完全スルーする姿には驚いたというか・・・だって、みんな賞金16万円のレースは必死で撮るのに、賞金2100万円のレースは無視なんだもん(笑)。
パドックに並んでいた三脚が黒船賞のパドック(菜七子ちゃん騎乗なし)を前に綺麗にはけていた光景には思わず笑ってしまった。


今日の高知競馬場の入場者数は2583人で前比162.6%(昨年は1588人)と賑わっていたが、それでも思ったより伸びなかった印象が強い。しかし売り上げが凄い事になっており、今日の売り上げは6億3687万2800円で、これは昨年の3億9930万8400円を2億円以上も上回っている。
単純にスゴイっすよ。今の菜七子ちゃんは破格の数字を持っていると言わざるを得ない。救世主っす、マジで。来て欲しいと願っている地方競馬場も少なくないでしょうね。とりあえず来週は浦和競馬参戦っぽい?


(写真 別府真衣騎手と藤田菜七子騎手)
今日はプレス室の使用が22時までOKだった。余裕じゃん、と思った。
最終レース後の共同会見が終わったのが21時30分、急いで機材を片付けて写真を送ると時計は21時55分で間一髪。
駐車場までの道のりは真っ暗闇で何も見えませんでした。闇の中から野生の何かの鳴き声が聞こえました。満天の星空がとても綺麗でした。今夜見たオリオン座をボクは忘れないでしょう。
今日の高知を持って菜七子ちゃんがデビューしてからの全場で撮影をしているのはプレスレベルではボクだけになったそうです。でもストーカーではありません。たまたまです。


トラックバックURL