あきちんのファインダー競馬

2015年10月08日

こっちだって三連覇を目指す白山大賞典


更新が遅れてスミマセン。例の三連覇を観るためにちょっと遠征をしてきました。そう、エーシンモアオバーの白山大賞典三連覇をな!

凱旋門賞のトレヴじゃねーのかって?
えぇ、違いますよ。


北陸新幹線が開業されて今回から飛行機ではなく新幹線で行けるようになったのは非常にありがたい。これまでの小松空港経由は何かと面倒でしたからね。
そんなワケで乗り込んだ金沢競馬場は絶好の競馬日和となったワケですが、結果から言うと三連覇は難しいなぁとテレビ観戦だった凱旋門賞と同じ感想になった。手応えよく直線に向いた時には「いった!」と思ったけれど、ラストにグンとひと伸びを見せたマイネルバイカがエーシンモアオバーを交わして重賞初制覇。






(写真 マイネルバイカ:白山大賞典)

細かい数字は不明だけど、走破時計や上がりは例年に比べて遅い印象。とはいえここ二戦は1700mと距離不足が敗因だった(前走は出遅れも)マイネルバイカはやはり2000m以上のステイヤー資質が高い。2着馬とは斤量4キロ差と恵まれた面があるにせよ、長距離路線では今後も注目したい馬です。勝った柴田大知騎手もレース後はかなり嬉しそうな笑顔だった。

逆にエーシンモアオバーはそう悪くはない走り。一周目スタンド前でソロルが並んできたという誤算もあったと思う。コーナーをグルグル回るレースは得意だし、連覇を狙う暮れの名古屋グランプリも引き続き期待できそう。そういえば岩田騎手は「ごめん」と苦笑いしながら戻ってきた。

今週末も三日間開催で週明けはすぐに大井開催があるため、まだ忙しいペースが続きそう。交流重賞を含む南関東重賞の事も書けないまま随分と溜まっているし、なんとか追いつけるよう頑張ります。

akitin1 at 23:35│TrackBack(0)交流重賞 

トラックバックURL