あきちんのファインダー競馬

2017年06月22日

雪椿、そして天空の息子

宝塚記念のキタサンブラックはダービー以来のピンク帽っすか。この頭数だし、1角までの距離も長いし不利というよりスムーズに出せる分だけプラスのような気もする。今のところ日曜は一日中雨予報だからタフな競馬に、そしてタフな撮影になりそうや・・・。

さて、先週の2歳戦はダート戦があったり未勝利戦があったりとバリエーションが増加。
しかし未勝利戦は東京、阪神ともに平凡なレースだった。どちらもスローの瞬発力戦だがラップ的にも強調できるものはなし。阪神で勝ち上がったマイネルエメは新馬戦で本命にしていた馬だから順当勝ちですね(笑)。東京の方もスプリングマンだから至極順当。

函館開幕週の新馬戦は例年函館2歳Sに向けてキモになってくるイメージだけど、今年は二鞍とも3歳未勝利に大きく劣る数字でインパクトに欠けた。
阪神は土曜のダート1200mが前後半35秒0−38秒4のハイペース減速戦で、同日3歳未勝利にチョイ足らずの数字だから3歳未勝利弱レベルを確保。これを二番手から抜けて3馬身差の勝ち馬ゴールドクイーンはスピードが違った。勝ち馬を追いかけてラストは差し込まれてしまった3着マッスルマサムネも4着以下を離しているし次はチャンス。操縦性がよく砂を被っても大丈夫とのこと。
日曜の芝1600mはミドルペースの4ハロン戦と新馬戦としてはヘビーな競馬も数字は並み。直線で挟まれる不利を受けながらグイグイ伸びて入線後は先頭に立っていた2着ラテュロスは一応チェック。それと勝ち馬コスモインザハートは岡田総帥が送る今年の英ダービー登録馬だからこちらも念のため。


(マイネルユキツバキ 2歳新馬)
東京の3鞍も筆頭は土曜のダート1400m戦。ハイペースの減速戦で3歳未勝利弱レベルをマーク。4馬身差の勝ち馬マイネルユキツバキは追走に手間取っていたので距離延長で更によさそう。


(テンクウ 2歳新馬)
日曜芝1600mは超スローの3ハロン瞬発戦で数字こそ目立たないが、ラスト3ハロンは11秒4−11秒1−11秒3と上々の脚力を証明。勝ち馬テンクウは新潟2歳Sを目標に調整されるようで、出走ならそこそこ人気になりそうだが・・・。
直線に向いてスムーズに外へ出した時にはまとめて差し切る勢いに見えた4着ウィズは完全にキレ負け。瞬発力勝負にならない舞台(阪神内回りなど)で狙ってみたい。


(ムスコローソ 2歳新馬)
続く芝1400m戦もスローペースの上り3ハロン戦。しかしこちらは11秒4−11秒4−11秒8と些かパンチ不足。発走がかなり遅れるアクシデントがありながら最速の上りで5馬身千切った勝ち馬のワンサイドではあった。もともと前日のダート戦に出走予定のところを除外馬多数で弾かれる可能性を考慮して芝に回ったらしい。この辺はさすが両刀使いのヘニーヒューズ産駒っすよね。


akitin1 at 23:52|この記事のURLTrackBack(0)

2017年06月20日

ダート重賞は好きだった(ユニコーンS)

ユニコーンSは予想の初期段階で消せたのがシゲルコング、リエノテソーロ、サヴィ、トロピカルスパートの4頭だから、12頭BOXなら当たりましたね!(笑)
それだけに波乱になると三連単で高めを狙うフォーメーションを組んで完敗です。相変わらず尻予想こと倉持由香ちゃんがプロも真っ青の的中っぷりで正直ビビってますが、そろそろオレもケツを出さざるを得ませんか!


(サイライズノヴァ ユニコーンS)
そのユニコーンSは今回も撮影しづらかった。東京はダート重賞の撮影規制が厳しくなっているので可能ならば避けたいが、遠征費や仕事面を考慮すれば今回は府中一択。そんなわけでユニコーンSは後ろの方から気楽に撮影。もともとダート重賞の撮影は好きだし、特に3歳の素質馬が集まるユニコーンSは毎年楽しみにしていたのだけれど・・・憂鬱じゃなければ仕事じゃないってところか(笑)。

ケツとか憂鬱はともかく、明日は船橋競馬場で京成盃グランドマイラーズがある。いよいよ梅雨本番、明日の船橋は一日中盛大な雨予報で不良馬場間違いなし。どこかの開票イベントなら中止でしょうが、競馬の投票イベントは雨天決行なんすよね(苦笑)。
昨年は三連単20万馬券を取ったレース、今年は荒天に乗っかってそれ以上の波乱でも期待してみます。


akitin1 at 23:57|この記事のURLTrackBack(0)

2017年06月17日

バネと春と新馬戦とユニコーンSと


(スプリングマン 2歳未勝利)
デビルトムボーイ!
スプリングマンといえば自分たちの世代なら鳥取砂丘でウルフマンをバラバラにした7人の悪魔超人の一人っすよね。今日の東京1Rでローズキングダム産駒初勝利を決めたスプリングマンの由来は「春+男」とありますが(笑)。ともかく三連単6.6倍もしっかり的中、激安配当から万馬券までまさに伸縮自在!びよよーん!
しかしながら新馬戦は阪神5Rがマッスルマサムネ流し三連複で勝ち馬がヌケ、東京5Rはマイネルユキツバキ1着付け三連単で2着3着が逆。微妙にサビてるかも・・・。

あ、一つ書き忘れていましたが、夏季限定2歳新馬戦攻略は北海道シリーズ未対応です。当初は予想して買っていましたが函館&札幌だけまるで結果が出ず。どうも自分の予想法は北海道調教馬に適していないようなので、それならいっそのこと止めようと。未勝利戦は買うし新馬戦もたまに買うことはありますが、基本的には「なし」です。

そんなわけで明日日曜の阪神5Rはメンバー唯一のノーザンF生産馬ミーティアトレイルから。相手はタガノバルバドス、コスモインザハート、ビッグボス。
二鞍組まれた東京はまず5Rがウィズ。最終追いでキタサンブラックの胸を借り、そのキタサンブラックも新馬戦を走った府中へとわざわざ持ってくるからには期待せずにいられない。あとはエイシンフラッシュ産駒フォレストガーデン、それからニシノベースマン、テンクウ、マイネルアーリーを。
続く6Rはムスコローソ。あれですよ、ヘニーヒューズ産駒っすよ(笑)。社台F生産馬がおらず、ノーザンF生産馬もこの馬だけという強調材料もグッド。ジャベルアンドレ、レディライク、スプンタマンユあたりを一緒に連れてきてくれれば配当面もグッド。

ユニコーンSもいきますか。今年は傑出馬こそ不在ながら、メンバーの大半が古500〜1000万レベルの数字を保持する混戦模様。その中で中心に考えたいのは前売り3番人気アンティノウス、同8番人気ウォーターマーズ、同10番人気サンオークランドの3頭。
あとは雨予報(15時くらいから小雨予報)が外れることを祈るのみ。


akitin1 at 23:05|この記事のURLTrackBack(0)

2017年06月16日

ダート、そして未勝利戦も



明日土曜から現2歳世代のダート戦線がスタート。
ダートは芝よりも格下なんて印象操作はぶっ壊して張り切っていきましょう!

阪神5Rのダ1200mはヘニーヒューズ産駒マッスルマサムネ狙いで。ヘニーヒューズ産駒といえば浦和のシェーンリートは以前紹介しましたが、今日の川崎でも能試で抜けた数字をマークしていたシントーエースが単勝1.1倍で新馬戦をぶっちぎり。いいっすよね、ヘニーヒューズ産駒。
相手は人気どころが有力ですが、紙面ではまったく印のないメイショウキタグニが絡んでくれれば。

東京5Rダ1400mは1番人気?マイネルユキツバキを本命視。以下は内からファイアプルーフ、タマスカイブルー、ムルシェラゴ、ミスティカルを。

そしてこれも幕を開けますね。そう、2歳未勝利戦。
東京1Rには新馬戦後に書き留めたスプリングマンとビリーバーが出走予定。特にスプリングマンはローズキングダム産駒初勝利へ待ったなし。頭数、能力的に堅い一戦でしょうが、そこは手堅く仕留めます。


akitin1 at 23:44|この記事のURLTrackBack(0)

2017年06月15日

先週の新馬戦

ステルヴィオは新潟2歳Sも好戦必至だと思ったけれど回避なんですね。その理由はルメール騎手が札幌(ワールドオールスタジョッキーズ)に行くためだとか。次走の予定はわかりませんが、ルメール騎手に合わせたローテだから基本的に重賞の裏開催ということはなさそう。

さて、二週目に行われた新馬戦は5鞍で、どれも数字的には平凡なレースだった。
阪神の2鞍では日曜の1200mよりは土曜の1400mの方。その中から強いてあげれば唯一の上り34秒台で追い込んだ2着スカーレットカラー。それでも強調材料は乏しい感じ。


(プレトリア 2歳新馬)
府中の3鞍ではまず土曜の1400m戦。スローの上り3ハロン瞬発力戦を制したのは最速で差し込んだプレトリア。見た目的には2着レピアーウィットも悪くない競馬ではあった。上位3頭とは差があったけれど直線で前が詰まる不利のあった4着ファストアプローチと5着キミワテンマの2頭を少々チェック。ファストアプローチは札幌の1500mを予定しているそうです。洋芝は合いそうっすね。






(ジナンボー 2歳新馬)
日曜1800mは話題になっていたようにアパパネの次男坊ジナンボーが楽勝。これもSペースの3ハロン瞬発力戦で時計面は評価できず。その上りにしてもラスト1ハロン落差0秒8の12秒2で走破時計同様に評価はできない。もっとも勝ち馬は馬なりのままノーステッキで楽に抜け出し、ゴール前も流していたので字面よりも内容は上と判断できます。
気性難の兄に似てパドックでは馬っ気を出し(馬番ひとつ前の牝馬は最後尾にいたため自分より前には牡馬しかいなかった)、返し馬でも行儀の悪いところ見せていたのにレースでは優等生だし口取りの時も大人しかったのだから不思議(笑)。


(ホーリーレジェンド 2歳新馬)
同日牝馬限定の1600mも超Sペースの上り3ハロン戦。ひとまずラスト2ハロン目で10秒9をマークする競馬を最速の上りで勝ち切ったホーリーレジェンドの脚力は上々。

先週の的中は日曜府中の牝馬限定の三連複24.4倍だけで、ジナンボーのレースは掲示板で2着ダンシングチコだけが買えなかった。とはいえこの時期に5打数1安打なら悪くないです。もちろん打率10割全打席ホームランを狙ってはいますが(笑)。
今週末からは2歳未勝利戦も始まるのでしっかり稼ぎましょう。


akitin1 at 23:15|この記事のURLTrackBack(0)

2017年06月11日

YES!YES!!


(ダッシングブレイズ エプソムカップ)
内を避ける競馬になってもイン強襲がよく似合う、その姿にYES!YES!!
デビュー時から話題になっていたダッシングブレイズが遂に重賞制覇ですか。Twitterを見ると高須院長も喜んでいるみたいでよかったです(笑)。合流地点で迷わずインにぶっこめるマイルCSでは狙いが立つような気も。

それにしても府中Cコースでここまで露骨にインを避ける状況になるとは予想外でした。条件戦レベルでは内ラチ沿いに突っ込んでいく馬もいたけれどまったく伸びず。雨中の開催なんて京王杯SCくらいしか思い浮かばないし、見た目にもそこまで荒れては見えないが、走ってみると夏の新潟外回りのように外へ持ち出す競馬ばかり。一応来週末からはDコースに変わるっちゃ変わります。

それから帝王賞の中央馬は豪華。森泰斗騎手のコパノリッキーは応援したい。
逆に宝塚記念は登録11頭と少し寂しい感じ。キタサンブラック不動で、もし負かすならサトノクラウンみたいなメンバーですね。


akitin1 at 23:27|この記事のURLTrackBack(0)

2017年06月10日

とにかく無事に


(写真 エピカリス:2歳新馬)
エピカリスのベルモントS取り消しのアナウンスは本当に残念。でも同時に無理をしなくてよかったという安堵感もある。しかし遠征費を負担している会員さんや最後まで出走に向け頑張っていた陣営の無念さ、そして複雑な心境はただの一ファンである自分とは比べ物にならないでしょう・・・。
新潟発ドバイ経由ベルモント行きは熱かった。そしてベルモントが終着駅ではないと信じています。

今日土曜の府中芝コースは内を避けて競馬が行われていましたね。直線に向くと露骨に外へ向かうので外差しの馬たちが渋滞に巻き込まれるなんてシーンもあった。それでもまぁ明日のエプソムカップは恐らく大外一気になるだろうヒストリカル狙いです(笑)。

明日の新馬戦で注目されるのは東京5R芝1800mですか。人気必至のジナンボーはもちろんいいですが、マイネルサリューエ、ジェネラルシップ、ハヤブサカノンあたりが絡んでくれれば配当面も期待できそう。
続く牝馬限定の6Rは人気どころだとホーリーレジェンド、リープフラウミルヒ。薄目なら同枠のミルファール2頭ホシノコとサラート。


akitin1 at 23:31|この記事のURLTrackBack(0)

2017年06月09日

伸び伸びと


肩身の狭いG1シリーズも終わり(まだ宝塚記念はあるけれど)、今週末から伸び伸びやらせてもらいまっせー!
府中芝コースは引き続きCコース。外差しが決まるとはいえ安田記念ではロゴタイプが粘りこみ、更には11番人気ジェイラーが逃げ切った土曜最終のように内ラチ沿いがダメということもない。ジョッキーたちも腕の見せ所でしょうね。
幸いこの土日も晴れ予報で良馬場確定、同時に日焼けも楽しもうじゃないっすか(土曜は30℃予報)。

さて、某球団は13連敗でストップしたそうですが、打率の低い自分は20連敗も日常茶飯事(馬券の話)。それこそ13連敗程度では「まだあわてるような時間じゃない」。そんな自分にお付き合いしてくれる方は一緒に共倒れしてください(笑)。
今週の新馬戦は阪神2鞍、府中3鞍の計5鞍。まず土曜阪神5Rはちょっと小粒なメンバー構成。手元の紙面ではずらっと印が並んでいるグランデミノルですが、事実この馬が1頭抜けている印象です。人気薄ではアオラニを狙ってみたい。
府中5Rも印の厚い2枠の2頭をそのまま上位評価。他では人気どころならマイネルキャドー、レッドチェイサー。薄目ならミヤビチーター、オルレアンノムスコ、プレトリア。


akitin1 at 22:29|この記事のURLTrackBack(0)

2017年06月08日

Road to 輝く未来

地方競馬はダービーシリーズ真っ只中ですが個人的には日本ダービー、東京ダービーともに人気上位3頭での決着に歯が立たず大敗。
しかし!
すでに来年のダービーへの道は始まっているのだよ!

そんなわけで幕を開けた中央競馬の2歳戦線、先週末に行われた新馬戦は全4鞍。
開幕を告げた土曜阪神芝1600mは例年通り超スローの3ハロン瞬発戦。走破時計は強調できないが勝ち馬ケイアイノーテックは上々の脚力がある。
日曜阪神芝1400mは前半3ハロンが新馬らしからぬ33秒7の超ハイペース。ペースは前日3歳未勝利より0秒2速く走破時計は0秒9遅いが、時期を思えば悪くない数字。このハイペースを作り、ラスト1ハロン1秒1落差の12秒9というタフな流れで4着に粘走したキムケンロードのスピードは◎。




(写真 ステルヴィオ:2歳新馬)
府中の土曜芝1400mは平凡。強いてあげれば外枠、差しが上位を占める中で内枠から先行して4着に残ったビリーバーを少々。
そして開幕週ナンバーワンは日曜府中の芝1600m。マイル戦ながら前述の土曜1400mと1400m通過比較で五分の数字、更に前日の古500万クラスには0秒2遅れただけ(半マイル通過は1秒1速かったが)で、古500万弱レベルの評価を与えることもできる。これはかなり上級の数字。しかも3ハロン瞬発戦で脚力性能も問われた。
この数字を前付けから上がり最速の勝ち馬ステルヴィオはもちろん、2着サトノオンリーワンと3着スプリングマンも優秀。4着馬(本命馬だった)が6馬身も千切れたのも頷けるハイレベルな一戦だった。


akitin1 at 23:25|この記事のURLTrackBack(0)

2017年06月07日

継続は力(東京ダービー)

例えば羽田盃はもちろん、これまで南関東クラシック戦線に一度も顔を出していないカメラマンが東京ダービーにだけやって来たら?そりゃその人に負けるわけにはいかんのですよ。




(写真 ヒガシウィルウィン:東京ダービー)
だから「この馬と積み重ねてきたものを」という森泰斗騎手の言葉はまるで自分の気持ちを代弁してくれているようにも感じた。積み重ねたものは自信になり、そしてやがて強さに変わる。悶々とした感情を昇華させ、今夜の東京ダービーでオレは更にパワーアップしましたよ!ありがとう泰斗!おめでとうHold me tight!!


(写真 ブラウンレガート:東京ダービー)
それから3着と今年も悲願とはならなかった的場文男騎手。
オレ達はその日がくるまでいつまでも付き合いますよ。


akitin1 at 23:56|この記事のURLTrackBack(0)