あきちんのファインダー競馬

2017年08月19日

ここが世界の真ん中で間違いはなさそうだからって


今日は札幌競馬場で二週間ぶりに陽射しを浴びていたワケですが・・・新潟1Rで1着ミュージアムヒル⇒2着ディアサルファー⇒3着ニシノラプランセスという超手堅い馬券を持っていたら3着ニシノがちょろっと差されて4着でしょう?
そしてエグイのは新潟5Rですよね。1着ミレフォリウム⇒2着ノーブルバルカンの三連単で完全にできたと思ったのに「そのまま!」の声も虚しくゴール前でノーブルがちょろっと差してしまった。オラの66万馬券が・・・。

気を取り直して明日の2歳戦デス。
小倉5Rはコンファーメント、6Rがアンヴィル。恐らくどちらも一番人気。
新潟5Rはフルゲートで狙いたい馬も多数いる乱戦模様。なかから1着付けはノチェブランカにします。

そして最大の注目は札幌の新馬ですか。なんでも早くも伝説の新馬戦とか?馬券は買わないけれど、みなさんもぜひ注目してください。晴れの良馬場、走破時計よりもラップですね。恐らくラストは加速ラップ、その数字に注目です。
それから明日こそしっかり稼ぎたい1Rからは札幌のキルロード。モレイラ騎手を背に能力全開待ったなし。


akitin1 at 23:45|この記事のURL

2017年08月18日

お盆開催の恐ろしさよ




(マルターズアポジー 関屋記念)
最終レースを終えて急いで帰宅の準備をしてバスを待つ長蛇の列に並んだのが17時。そこでタクシーで帰るという知人に偶然会い、一緒にタクシーの列に並ぶこと一時間。タクシーでハマることは福島競馬場でもあるけれど、あそこはお客がはけるまで係りの方がいてくれ、おまけに「長い時間お疲れ様でした」と暖かい言葉もかけてくれる。対する新潟競馬場タクシー乗り場は職員も警備員もなし、客だけが延々と待たされるシステム。取り残される人もいんるんじゃない?(笑)
今年のカレンダーなら新幹線もそこまで酷くはないだろうと楽観視していたけれど、出発30分前にはすでにそれなりに並んでおり座席確保はギリギリだった。途中でガンガン乗車があり通勤ラッシュのような状態で、いつものお盆と変わらない混雑ぶり。来年は日曜が12日だから来年こそは大丈夫?いや、素直に指定席にするべきか(笑)。


(サクステッド 2歳新馬)




(タニノフランケル 2歳新馬)
先週末の注目の2歳戦はタニノフランケルが出走した土曜新潟の新馬戦でしょう。同じ稍重だった同日の2歳未勝利を上回り、3歳未勝利と0秒3⇒0秒5差(1000m通過⇒走破時計)なら3歳未勝利弱レベルと判断できる。タニノフランケルは2着ですが、これは勝ったサクステッドを褒めるべきで悪くはない内容です。好スタートを決めた時のざわめき、内からグンと加速した時の歓声・・・やっぱりウオッカの仔は特別な存在だなと実感しました。
ちなみにボクは1着タニノフランケル⇒2着サクステッドの三連単でした。これでも500倍近くあったのに(苦笑)。




(ルヴァンスレーヴ 2歳新馬)
あとは日曜の新馬ダート千八。昨年エピカリスが勝ったレースを今年は同じ萩原厩舎のルヴァンスレーヴがぶっちぎり。同週の3歳未勝利戦を軒並み圧倒する数字での大楽勝は他の馬たちが可哀想に見えてしまほどのパフォーマンスだった。

小倉では日曜の未勝利戦を勝ったアサクサゲンキが3歳未勝利級。前回のバーニングペスカを抜いてここまでの小倉千二ではナンバーワンという評価で一躍小倉2歳S本命候補。
札幌は馬場悪化で比較が難しいですが、コスモス賞は後半が速いラスト4ハロン戦の3歳未勝利級となかなかのレベル。勝ち馬ステルヴィオは重馬場が走りづらそうでしたね。それでも勝ち切る地力の高さに次も期待できそうです。

明日土曜の新馬戦は小倉5Rで人気薄ミトノブラックを狙ってみたい。人気薄というか、金曜売りではケツ人気ですか(笑)。逆に人気どころならサクセステーラーを。
新潟5Rはミレフォリウム、6Rがメンバー唯一の社台F産コウギョウブライト。穴ならトニーハピネスで。
とはいえ今週の注目は土日とも札幌ですかね。馬券はともかく、ラップや数字面も含めてしっかり焼き付けておきたい。
未勝利戦からは新潟1Rのミュージアムヒル。初戦では上々の脚力を見せ、勝ち馬以上の内容だった。新潟外回りなら瞬発力全開、信頼の1着付けで。


akitin1 at 23:31|この記事のURL

2017年08月11日

ぶっちゃけ、眠い

指定席の満席っぷりから薄々感じてはいたけれど、最終の新幹線って結構賑わってるんすね。新潟駅に着くの24時ですよ。在来線全て終わってますよ。お盆休みこえぇ・・・。
そんなわけで大井のナイターから終電の新幹線に乗ってこの原稿を書いています。

取り急ぎ先週の2歳戦まとめを。
新潟はアレですね、とにかくべらぼうに上りが速いですね。土曜の新馬戦なんて32秒0って千直ですよ。ラスト2ハロン10秒1−11秒1の超速っすよ。勝ち馬ウラヌスチャームの脚力は凄まじいですね。同じく32秒台の上りを使っている2着カーボナードもスゴイ。
ただ超速上がりというなら日曜のロックディスタウンの新馬戦。ラスト2ハロン10秒5−11秒1とラスト1ハロンの落ち込みが少ない分こちらを上位評価したい。
特別戦ではダリア賞の数字は並。そのダリア賞よりレベルは劣るが、上り2ハロン勝負の日曜新馬戦を最速の脚で追い上げた2着アーモンドアイをチェック。


(バーニングペスカ 2歳新馬)
小倉は軒並み平凡。唯一土曜の新馬(勝ち馬バーニングペスカ)が3歳未勝利弱レベルを確保。ここまでの夏の小倉では最上位のレースだった。このレースでただ1頭34秒台の上りを使った2着ラブカンプーは次走チャンス大。
札幌では1500mの未勝利戦を29秒台で走破したファストアプローチが上々のレベル。ちなみに馬連16.2倍を一点買いだったぜ!(笑)

さて、明日土曜は東西とも2Rから勝負。まず小倉2Rはクアトレフォイルの脚力を信頼、新潟2Rはスピードあるセイウンリリシイを。
そして明日一番の注目?になりそうな新潟5Rの新馬戦。ノーザンF産5頭&社台F産1頭に対するのはウオッカ産駒タニノフランケル。どんな予想になるのか自分でも楽しみでしたが、タニノフランケルが本命になりました(笑)。どんな馬なのか、どんな走りをするのか本当に楽しみ。
明日は2歳の特別戦も二鞍行われます。札幌のコスモス賞はステルヴィオに負けて欲しくない。確かルメール騎手に合わせたローテなんですよね。
小倉のフェニックス賞はそれほど人気にならなさそうなジュンドリームから狙ってみます。


akitin1 at 23:45|この記事のURL

2017年08月10日

どんなときも(小倉編)




(タツゴウゲキ 小倉記念)
アイビスサマーダッシュに続いて二週連続で勝ち馬がほとんど写らなかった。二週連続で難儀な重賞を撮りに行ってしまう自分の引きの弱さよ・・・。


(ペイシャルアス 2歳未勝利)
更に日曜の1Rでもこの2歳世代で初めて勝ち馬を撮り逃した。
とはいえ、何度VTRを観てもあの感じで降着があると予想するのはちょっと難しすぎるかなぁと。むしろ観れば観るほど日常茶飯事(降着なしの)のケースに見えてくる(苦笑)。ヴァンキッシュランが降着になった3歳500万下の時と似てるっちゃ似てるけども。

どんなに際どい展開でも、たとえ1位入線馬の降着があっても、とにかく勝ち馬を撮りたいし、撮れるようになりたい。


akitin1 at 23:35|この記事のURL

2017年08月04日

君とならこの嵐も乗り越えられるはずさってLUNA SEAも言ってた

日曜の小倉は台風の影響どうなんですかね。曇りのち雨とするところもあれば、日中は晴れ予報のところもある。何事もなく開催を終えられるといいのだかれど・・・。


(シャインカメリア 2歳未勝利)
先週の2歳戦はまず自分のいた新潟から。最上位の評価は3歳未勝利弱レベルの数字をマークした土曜の未勝利ダート1200m戦。特に勝ち馬シャインカメリアはラスト3ハロン加速ラップを唯一の上り37秒台で楽勝しておりダート適性の高さを証明。明日のダリア賞に連闘で出走ですが(笑)。とはいえ芝の走りも新馬戦の内容から悪くはない。


(オーデットエール 2歳新馬)
芝のレースは新潟らしくスローの瞬発力戦が連発し見極めがポイント。上げるとすればオーデットエールの勝った新馬戦ですかね。後半は速めでラスト2ハロンも10秒9−11秒8とマズマズ。あ、新潟芝外周りは特に公式ラップがおかしいと言われているコースですが、公式ラップが正しいという前提で今後も話を進めます。

芝1200m戦ばかりが5鞍行われた小倉は日曜の未勝利戦がこの週ではナンバーワン。3歳未勝利戦には劣るがミドルペースの瞬発力戦で、3着馬を離しての2着アサクサゲンキは次走チャンス。
そしてこの週の話題は札幌で間違いなし。数字で言えば日曜ダートの新馬を勝ち上がったハヤブサマカオー。大差ぶっちぎりの見た目通り3歳未勝利級の数字で駆けており昇級しても問題なし。土曜の新馬はスローのラスト2ハロン戦だが、その流れを唯一の上り34秒台で追い上げた2着キルロードはいい脚力がありそう。
しかし他のレースが全て霞むほどの走りを見せたのが・・・そう、日曜のレイエンダでしょう。スローのため走破時計はイマイチでもラスト4ハロンが加速ラップ、それもラスト2ハロンは11秒6−11秒4の速さ。これを楽に差し切る勝ち馬の脚力は注目度大。それに新馬戦で場内から大きな拍手が沸くなんてそうそうありませんよ。数字的には同じ厩舎の先輩で新馬⇒札幌2歳Sとぶっこ抜いたコディーノっぽいですね。あの破格のラップ(新馬は後半5ハロン加速でラスト2ハロン11秒3−11秒1)でG1未勝利というのが今でも信じられませんが(苦笑)。

さて、明日土曜の新馬戦は東西一鞍ずつ。新潟の方は関西から勝ちに来たノーブルカリナンが抜けていると予想します。
小倉の1200mは意外?と水準級の一戦。昨年は「どうせ小倉の千二だろー」と完全に油断していたらクラシックホースのレーヌミノル(小倉記念当日の新馬戦)が出現した。実はこれがすごい勇気になったんですよ。この舞台からでも夢を見られると。そんなわけで今週は特にしっかり焼き付けていきたいですね。本命視はトウカイオルデン。


akitin1 at 21:22|この記事のURL

2017年08月02日

ミーティアといえばドラクエ8




(ラインミーティア アイビスサマーダッシュ)
アイビスサマーダッシュはもともと撮りづらいレースではあるけれど、今年は勝ち馬が2着馬に隠れてほとんど写らなかった。早めのカットでは写らないどころか姿がない。

来年は新馬戦込みで札幌遠征かな?(笑)




そうそう、二週続けてノリがいいジョッキーが重賞を勝ってくれてよかったです。
中京記念の津村君と、アイビスサマーダッシュの西田さん。


akitin1 at 23:33|この記事のURL

2017年07月28日

最近は週一更新ですね(苦笑)

過密日程が終わったと思ったら先週末の中京から今週は火曜船橋、水曜大井、木曜美浦と続いてしまいまたも更新が滞ってしまいました(苦笑)。もちろん明日からは新潟です。

さて、先週末の2歳戦ですが福島の5鞍は全て3歳未勝利レベルに及ばず特筆するレースはなし。派手な勝ち方を見せた馬もいた函館も平凡な数字が並んだ。特に世代最初の重賞となった函館2歳Sが前日の3歳未勝利(稍)に劣る数字では・・・。もっとも勝ち馬カシアスはすでに未勝利戦で3歳未勝利級の数字をマークしているので低レベルの一戦でも勝ち切ったことが大きいかも。
それにしたってこのレースは馬券ですよ!自分が得意とする1着本命⇒2着人気薄のパターン(今回は3着アリアも相手筆頭)で2着ウインが抜けて取り損ねてしまった。このウインの新馬戦は時計が平凡かつラスト1ハロンが12秒6と落ち込んだことが軽視した理由だけど、どうやらこれは公式ラップが間違っているそうですね。公式ラップが正確ではないのは有名な話ですが、計測しやすそうな函館でもダメとは油断していました。とはいえ全て自分で計測しなおす暇もないし、全てのレースが同じだけズレていれば逆にそれはOKなんですけど(笑)。ぶっちゃけ、自動計測にして欲しいです。


(ドンフォルティス 2歳未勝利)


(アマルフィコースト 中京2歳S)
中京からはまず初っ端の土曜未勝利戦が3歳未勝利を超えるレベル。後半も速く、これを上り最速で楽勝のドンフォルティスはなかなかのモノ。破天荒なレースぶりだった新馬戦の競馬はダテじゃなかった。
あとは中京2歳Sにも注目。この頭数だからどうかと思ったけど、ペースが流れてイイ競馬になった。数字も古500万弱を記録と上位2頭はさすがの走り。スピード勝負になった分だけアドマイヤアルバは届かなかったように思う。って、この馬は未勝利戦に出られるのだから恐ろしい(笑)。


(トゥザフロンティア 2歳新馬)
それから注目のもう1頭トゥザフロンティア。数字上は実に平凡な勝ち上がり。ただし直線では前の馬の後ろに入りたがった?ともかく終始内へモタれて一度もまともに追えないままゴールし、写真も不格好なままでした(笑)。これは数字以上の評価でいいでしょうね。

さぁ、明日の新馬戦はまず新潟5Rから。ここは社台F生産馬ルッジェーロから入って夏の新潟新馬好スタートといきたい。小倉5Rの方はどこからでも狙えそうなメンツで、ほどよい人気になりそうなコウエイゴールド狙いで。
そして未勝利戦からは朝一番9時55分発走札幌1Rのディバインブリーズ。ライバルは距離延長プラスのリープフラウミルヒ。これが新潟外回り千六(日曜にある)なら2頭で鉄板と言い切るけど・・・まぁ札幌千八でもいっか(笑)。


akitin1 at 22:27|この記事のURL

2017年07月22日

早起きは三文の徳というか得

今日の中京1レースのヘニーヒューズ祭り(ワンツースリー独占)はマッスルマサムネ⇒ドンフォルティス⇒バイラの三連単一点買い。直線に向いてドンがモタモタしているから「差せ!」と叫んだらグイグイ伸びて差しすぎ。しかもこのドン、新馬戦では1着付けにして大出遅れをかましてくれたヤツ。さっそく相性が悪い。
しかしこの三連単は自分が朝一に確認した時は150倍あったので一点買いしたのに、最終オッズは98.2倍にまで下がっていた。そろそろヘニーヒューズの美味しさがバレてますね(笑)。それにしてもこの出鼻のくじかれっぷりが最後まで響いた一日だった・・・。

福島5Rはプトラナ⇒ナスノシンフォニーの三連単で完全に出来上がったのにまさかの逆転負け。たぶんプトラナの津村騎手はナスノの存在に気付いていなかったですよね。着差が着差だけにラストまで目一杯に追ってくれたらと悔やんでしまう。227倍が・・・。というかこのレースはみんなゴール前で勝ち馬を撮れたのだろうか?
中京5Rもトゥザフロンティアがしっかりとデビュー勝ちをキメてくれたけど3着がない。中京2歳Sはお察しの通りアドマイヤアルバの1着付けで・・・。

これだけやられれば逆に明日は連戦連勝の予感。派手にいきますか。
中京5Rの新馬戦は今シーズン初の本命不在でケン。敢えてあげればアントルシャですが、1番人気必至で相手も決められないので恐らく買いません。福島の方はラヴベローナですね。
そして明日は1Rが熱い!時系列順にまずは函館1Rのコーラルリーフ、続いて中京1Rがスカーレットカラー、〆の福島1Rはサクライザベル。朝一WIN3とかJRAさんお願いしますよ?(笑)ちなみにこの福島1Rで相手に指名はキミワテンマ。前走は直線で進路が開かずまともなら馬券になっていたかもしれない。

ラストに函館2歳Sを簡単に。
例年は古500万級の数字を保持する馬もいたりするけど今年のメンバーではそれが皆無。ちょっとだけ例年に比べて見劣りするかも。その中から本命は3歳未勝利級の数字で勝ち上がっているカシアス。数字もさることながら上り34秒台、しかも加速ラップ。いけるでしょう。


akitin1 at 23:11|この記事のURL

2017年07月21日

この道わが旅〜2017初夏〜


(イルーシヴウェーブの2017)
7月8日福島競馬場、9日福島競馬場⇒開催後仙台空港から千歳入り、10日セレクトセール、11日セレクトセール、12日午前の便で羽田へ戻りそのまま大井競馬場ナイター、14日羽田から函館へ、15日函館競馬場、16日函館競馬場⇒開催後新函館北斗から北海道新幹線でも盛岡へ、17日盛岡競馬場⇒帰宅。
ひとまずこんな感じでした。あとはこのふざけた旅費をどれだけ取り戻せるかが勝負なので、今週はせっせと納品作業に明け暮れて更新ができなかったことをお詫びします。まぁそれでも全部は済んでいませんけども(苦笑)。
それにしても真夏の新潟にも匹敵する蒸し暑さだった福島、北海道とは思えない暑さだったセレクトセール初日、土砂降りで酷い目にあった日曜函館など、なかなかの過酷さも味わいつくしてきました。だからと言って「思い出はpriceless」なんて呑気なことは言ってられない。お金は大事っすよ(笑)。


(ディロス 2歳新馬)
さ、そんなことよりさっさと先週の2歳戦をまとめておきます。
福島と函館は平凡なレースばかりだったが、唯一上げればディロスが勝った日曜函館の新馬戦。良馬場とはいえ雨が降る中でラスト2ハロンを11秒4−11秒5でまとめつつ、勝ち馬は唯一上り34秒台をマーク。札幌2歳Sで見たかったけど回避みたいですね?

そして先週もやっぱり中京。土曜新馬戦はどスローながらラスト2ハロンが11秒1−11秒3の速さ。これを最速の上りで追い上げて3着を離して勝ち馬に並んだ2着クアトレフォイルは次走確勝級。
しかし、このレースを超えてしまったのが日曜新馬のワグネリアン。超スローペースとはいえラスト3ハロンが11秒2−10秒9−11秒0は異常ですよ(笑)。前回アドマイヤアルバをアドマイヤリードっぽいと書きましたが、このワグネリアンこそがアドマイヤリードのイメージ。更に2着に負けたヘンリーバローズは兄シルバーステートに瓜二つ。この超速ラップで差し返し気味に加速するなんて・・・この馬の未勝利戦は撮影できれば。

さて、明日の新馬戦ですが、福島はちょっとまとめきれず困っています。5Rは人気のナスノシンフォニーにするか、対ナスノとしてプトラナから入るか。6Rも混戦だけどテトラドラクマから狙ってみようかと思案中。
中京5Rはデビューを楽しみにしていたトゥザフロンティアに注目。続く6Rはプリュスがグリグリの人気になりそうだけど、馬券はサンドクイーンから入ってみたい。
それから中京1Rのマッスルマサムネ。あとは格上挑戦になるけど中京2歳Sに出走する前述アドマイヤアルバ。
こんな感じでいきます。


akitin1 at 23:02|この記事のURL

2017年07月16日

函館府中間ぶらり途中下車




(ルミナスウォリアー 函館記念)

土砂降りの雨に濡れながら、今週はたぶん今年一番の負けを記録しました。

旅に出るので探さないでください。

探すとすぐに見つかります。

akitin1 at 23:22|この記事のURL